スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオスな飲み会

台風来てますね~

読者の皆様はご無事でしょうか…?


さて今日は珍しく彼が自宅に帰還。

故にブログを更新しております(笑)


先日の金・土、急に父に呼ばれたので実家に戻っていたのですが、

土曜の午後、唐突にサークルの後輩達から電話。

しかもすごい高いテンションで(笑)

どうやらウチの彼を飲み会に引っ張りたいが、彼は私の家で私を待っていないといけないからという理由で誘いに乗らない、どういうことか、とのことでした。

実は、土曜日には帰ってくるからということで、彼に鍵を渡して実家に行っていたんですよね、私。

彼は金曜の夜も飲み会で、飲み会場から近い私のウチに泊まりたいということだったのですが、合鍵がない以上、彼に鍵を渡して、私が実家から帰ってくる頃には家に居てもらう、しか方法がなかったんですよね(笑)

しかもその日は、私と一緒にサークルのOB集会の飲み会に行くという約束もしてあったので、連日飲み会が続く彼としては、あまりその飲み会の誘いに乗りたくなかったのでしょう。(ややこしい話ですみません)


私としても、夜も飲み会あるのに、昼間からまた彼を飲み会に行かせるのは非常に嫌なことで…

しかし、電話の向こうから恐ろしい程の高いテンションの声がたくさん聞こえる…

たぶん、私と彼の仲を知った人々が、彼をいじりたくて堪らないんだと思いました。

確かに今、周りは既婚者か、恋人出来そうもない独り身か、結婚する気のないカップルしかいませんものね…。

相当ネタに餓えていたのでしょう。


どうにか彼を飲み会に来るよう説得して欲しいと言われ、仕方なく彼に電話。

彼も、行かないと酷いことになりそうだと判断したようで、鍵を錠付きポストに入れて旅立ってゆきました…

夜の飲み会には合流しましょうと約束して。

あーあ、飲み会場までも一緒に行こうと思ったのに。


私が自宅に戻ってからも、またもや後輩達から電話が架かってきて…

彼に無理やり何かを言わせようとしている感じでした。

『分かったから!本人の前でちゃんと言うから!』『俺はちゃんとべりーさんを愛してるから、何も心配しなくていいからね!』

そんな彼の声が電話口から聞こえてきて…

ああ、なんてカオス。

そして彼と仲の良い後輩夫婦の旦那さんが電話口に出て、

『あとで彼からべりーさんに話があるそうなんで、聞いてあげて下さい。これからのあいつはホント、今までとは違うんで!これからのあいつを見てやって下さい。もしもべりーさんに何かあったら、マジであいつぶっ飛ばしに行くんで!言って下さい。今日ここにいる全員が証人ですから』

感動的なマジ話。

本当、嬉しかった

…が、しかし、

今までの彼とは違うかもしれないが、すまん、私は今までの彼を知らないので、これからの彼しか見てあげられないよ(笑)


夜の方の飲み会にいざ行ってみると、やや彼が不機嫌な気がしました(爆)

ああ…相当いじられたんだろうなぁ…。

周りの圧力で無理やり彼の隣に座らされたはいいけど、彼はそんなわけで私とはあまり話をしてくれず…(トホホ

なので飲み会の前半、マジで暇でした(笑)

後半、ひとつ後輩のIちゃんが隣にきてお喋りしてくれたのでちょっと楽しめました。

良かったぁ^^;


そして飲み会終了後、何故かIちゃんがウチに泊まりに来ることに(笑)

飲み会後のパターンとしては割と王道なのだが、私は全然いいのだが、問題は彼…

彼が泊まりに来ている時に誰かを泊めたことってないから…。

いやですね、彼、意外とヤキモチ焼き屋さんなんですよ。

あまり2人の時間を邪魔されるのは嫌がるんじゃないかなと思って…。

もちろん、聞いたらあっさりOKしてくれたし、むしろ彼自身が追い出されるんじゃないかという心配してたようですが…

そんなことするわけないっしょ(笑)


そんなわけでこの日はすごいイキオイでIちゃんのダークネスなガールズトークに華が咲いたわけですが

まぁ、彼の反応の冷たい事冷たい事(笑)

本当にこういう渋い話、嫌いなんだなぁ…。

Iちゃんとしては可愛い後輩の男の子が場にいたせいかもしれませんが(※Iちゃんは年下好き)、テンション高かったので気付いていない模様でしたが(笑)


そうそう、昼間の飲み会で周りが彼に言わせようとしていた内容は…

察するに、プロポーズの言葉だった模様です。

ぉぃぉぃ…うちらまだ3ヶ月なんですけど!?

どんだけネタに餓えてるんだよ(笑)

途中で彼は軽くキレそうになったと言っていました…真面目に考えたいところをネタのために催促されたらそりゃ怒りますよねぇ^^;

プロポーズの代わりに「同棲しませんか」と言われました。

「結婚はしたいけど、貯金がないから…同棲してお金貯めよう?」と割とリアルな話をされ…

ううぅ、先日このブログに同棲したいって書いたばっかりだから、読まれてんじゃないかって不安になった(笑)

「光熱費とか、お金もキツいでしょ?払いますよ」とも言われたし…これはマジで一瞬フリーズした(笑)

みくしすら全然見ていない彼がわざわざ私のブクマチェックするとは考えにくいので、たぶん違うだろうという結論になりましたけどね、まぁ別に見られてても最早そんなに気にしない。


夜、Iちゃんが酔い疲れて寝た後、彼はおもむろに私の手を取り、

「約束を果たさないとね。…『大好きですよ』」

本人の前で、話があるってヤツね…全く、みんな応援してくれるのはいいけど、彼が不機嫌にならない程度にしてほしいものです^^;

余談ですが、Iちゃんが寝てるのに、キスしたら割と大きな音が出ちゃって焦りました(笑)

翌朝、Iちゃんは記憶が定かではないようでしたがかなり楽しかったようで、「相手が彼なら来やすいです!また来ます♪」と言って帰って行きました。

彼にそれを伝えると、作り笑顔で「ハハハ」と乾いた笑いを返されました(笑)


プロポーズはまだ先になりそうですが、本気で彼が結婚まで考えてくれていることが分かって嬉しかったです。

ひとまず…同棲に関しては、近くなったら母を説得するから、と言ってあります(笑)


今日、合鍵作りに行ったら、ぶっきらぼうだけど、仕事早いし腕はいいし安い!の鍵職人さんが消えてて、ウチみたいな特殊キーがメーカー発注オンリーになってました…。

値段も今までより高くなった(というか今までが安すぎた)上に、4週間後じゃないと手元に来ないとか!

ああ…どうしてこんな小さな店にこんな凄腕の職人さんがいるんだろうとは思っていたけど…やっぱり消えたかー…

…今度別の店に行きますわー…(´・ω・`)

コメント

Secret

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
プロフィール

ぴゅあ・べりー

Author:ぴゅあ・べりー
一定の時期より前の記事は非表示になっているため、内容分かりづらくてすみません。

センパイに襲われたあの日から、関係を続け…。センパイの好きな人は結婚しちゃったし、私しかいないはずなのにどうして付き合ってくれないの??
「君のことは好きだけど、まだ足りないから心底好きになったら告げる」という言葉を信じ、いつか恋人になれるんじゃないかとwktkするブログでしたが、5年半の時を経て愛情も冷め切り(笑)
何とかセンパイを拒否ることに成功。
ついに新しい彼が出来ました☆
そして結婚\(^o^)/

今まで応援ありがとうございました☆

リンク
ブログ検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。