スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水族館デェトと誕生日プレゼント

昨日はデェトでした♪

金夜から彼が泊まりに来て、そのまま池袋へ。

初めてのサンシャイン水族館&展望台!

うまく写真が撮れなくてもたもたしてると、彼が代わりに撮ってくれたり。

あ、残念ながら今回も人が写ってる写真撮らなかったですが(笑)

ぶらぶら散歩してる感じで良かったです。

彼「(カエルを見ながら)カエルは平気?」

私「うん、カエルは手の上乗っけても大丈夫だよー」

彼「お、都会の女にしちゃ珍しいじゃないっすか」

普段、虫が嫌いとかホラーがダメとか言う度に「そういう女の子っぽいの要らない」と散々言われてますからな…。

猫被ってるわけでもなくダメなものはダメなんだってばw

でも小さいカエルは触っても平気。


そうそう、来週は私の誕生会でデェトするわけですが、ふと彼は気付いたようです。

私への誕生日プレゼントを買っているヒマがないということにwww

本当はサプライズでプレゼントしたかったようですが、時間がないということで、一緒に買いに行くことになりました。

プレゼントするものは指輪で決定していたようで、パルコへ移動。

アクセサリー系のお店は特に、行くとすぐさまお店の人が寄ってくるわけですが、私はこういうのがものすごい苦手。

店員さんと目も合わせない私w

彼はというと…ちょっと軽いノリでブラブラと指輪を物色。

まさかそのお店が彼のお気に入りのブランドだとは知らなかったので…w

彼「…早く逃げたい?なんでそんなに緊張してるのw」

私「いや…だって…こういうの…慣れてないし…」

彼「まさかそこまでとは思わなかったw」

一応私に昔彼氏がいたことは知ってるので、もうちょっと手馴れているものと思っていたようですが…私のウブすぎる反応を見て、逆に戸惑った模様ですw

ごめんねぇ、前の彼氏もセンパイも一度もプレゼントなんかくれたことなかったからwww


彼はパステルっぽいカラーの指輪に惹かれたようでしたが、残念ながらそれはピンキーリングしかなく…

似たような色で薬指用のを探してもらったところ、赤とピンクのストーンの可愛らしい指輪と、淡いブルーのストーンとピンクのハートが付いたキレイな指輪が候補に挙がりました。

赤の方は女の子っぽくて可愛らしい感じで、私の好みにもマッチ。

でも、淡いブルーの方も素敵で、どこかのプリンセスみたいなキレイな感じで、これもイイ。

たぶん私や母だったら赤を選んでいただろうな。

迷っていた私に、店員さんが、両手にそれぞれの指輪をはめてくれました。

そして両手を彼に見せると…

彼「うん、決まった!」

と言って、淡いブルーの指輪を指して

彼「赤も可愛かったんだけど、あなたの手、ピンクだから、青の方が似合うと思って。ごめんね、完全に俺の好みだけど」

店員さん「それがいいんですよ!彼氏が選んでくれたって思うと嬉しいですよね~!」

この会話で分かったかもしれませんが、私、お店来てからほとんど喋ってませんwww

彼の言葉に店員さんが反応する感じでしたw


そんなこんなでめでたく誕生日プレゼントが大決定!

前に、サイズ9号なんて入るわけねぇー!って記事に書いたんですけど、着けてみたら10号入りましたw

もっと指太いかと思ってましたw

彼からの初めてのプレゼント…

ちょっとお見せしちゃいます♪





DSC01146_1.jpg





本当にキレイ♪

来週の誕生会デェトは絶対これ着けて行こうと思います(*´ω`*)



夜はうちの近所のワインバーへ。

近所だから全く行く機会がなかったんだけど、彼と初めて行けて嬉しかったです。

付き合い初めの頃は、話題がなくて困ったこともあったけど、同じサークルだったというのもあって、今回は話が弾みました。

昔は後輩の男の子とかに飲み誘われるとホイホイ行ってた、みたいな話もしましたねw

うちのサークルじゃそんなん普通だったと思うのだけど、意外だったのか驚かれまして…

たぶん、このコ危ない!と思われたのか

「…もうさすがにそういうのはあんまりないっしょ?飲み会ある時はなるべく一緒に行こう?行けない時は帰り方教えるから」

と酔いのイキオイで言われました。

あれれ、これってちょっと心配しちゃってる?

彼ってヤキモチやくんだなぁ…知らなかったw


彼「それにしてもまさかあんなに男性経験値が全くないとは思わなかったw全然喋らないんだもんw」

えぇ…すみませんねw

彼「もっと経験あるかと思ったwそしたらもっとオトナなワンランク上の楽しみもあったのにw」

私だってもっと手馴れていたかったわよwww

ごめんね、リード出来ない年上でw


プレゼントに買った指輪のブランドは、以前からよく利用していたブランドらしく、デザインがすごく好みなんだとか。

彼「傷付けちゃったらごめんね…前の彼女にもアクセサリーをプレゼントしたことあったけど…正直、今回ほど奮発したのは初めてなんだよ?ずっと…大事にしてね?」

私の手を握りながら、彼は、おそらく酔ったイキオイなのだろう、そんなことをつぶやきました。

そうだったんだ!

こういうのって相場が分からないけど…結構高かったんだね?

もちろん、ずっと大事にするよ♪


それから、何故か女子力とは何かの話になり…

彼「女子力と言えば…料理?」

やっぱそうきたかw

私「私あんま料理出来ないけどねーw」

すでに何度か料理してるの見せてるわけだし、とりあえずカミングアウトしとこうw

彼「覚えさせるから大丈夫!味噌汁はだし入り味噌でも大丈夫だよ!(←うちにあるのがだし入り味噌)豚の角煮と○○(←何だったか忘れた)は実家からレシピもらってくるから、これだけは絶対覚えさせるから!」

た…頼もしいことで…^^;


それから、「子どもに名前を付けさせるとしたら○○がいい」という話にもなり…

…ちょ、ちょ、ちょ、

ちょっと待ってくれw

え、これって結婚前提!????

いやまぁ、向こうも年齢的にも適齢期ではあるんだろうけど…

酔ったイキオイとはいえ、付き合って2か月でここまで具体的な話をされるとはwww

彼の気持ちは本当だったんだなぁって改めて感じました。


デート終了後、うちに帰宅した彼は「忘れないうちに」と誕生日プレゼントの包装を解き、指輪を取り出しました。

右手を差し出そうとする私の左手をそっと掴み、薬指へ。

彼「ちょっと早いけど…誕生日おめでとう^^」


まだまだ問題は山積みだけど、どうぞ幸せになれますように♪

来週は誕生会デートだぁ(≧∇≦)

コメント

Secret

FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最近の記事+コメント
プロフィール

ぴゅあ・べりー

Author:ぴゅあ・べりー
一定の時期より前の記事は非表示になっているため、内容分かりづらくてすみません。

センパイに襲われたあの日から、関係を続け…。センパイの好きな人は結婚しちゃったし、私しかいないはずなのにどうして付き合ってくれないの??
「君のことは好きだけど、まだ足りないから心底好きになったら告げる」という言葉を信じ、いつか恋人になれるんじゃないかとwktkするブログでしたが、5年半の時を経て愛情も冷め切り(笑)
何とかセンパイを拒否ることに成功。
ついに新しい彼が出来ました☆
そして結婚\(^o^)/

今まで応援ありがとうございました☆

リンク
ブログ検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。