スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べ物の恨み?

昨日、ちょっと用事があって母に電話。

用事の話が終わった後で、母がふと思い出して私に言った事

母『こないださ、彼、夕飯の時、酔ってた??』

こないだというのは三連休で母が滞在していた時の事だろう。

確かにあの日の彼は「暑い」と言って昼間からビールを飲んでいたけど…あのくらいで酔っ払うとも思えないのだが…。

母『だって、丸めたちり紙のゴミをその辺にポイポイしてたし、買ってきたばかりの生ビール6本のうち5本をひとりで空けてたし、10本しかない殻付きエビをひとりで6本食べちゃったし』

私「…」

母『3人いるんだからエビ6本食べられちゃったらあとの人で4本分けるしかないでしょ?だからべりーに3本あげて、私1本で我慢したんだから。あれれ?って思ったけど、いつもはもっと気を遣う子だと思うから、あの時は酔ってたのかなって』

いやごめん、ママン、

それいつもの彼ですわw

私「あー…それは私と飲む時モードの彼だねぇ…。酔っ払ってママンが居ること忘れちゃったんじゃないかなー…^^;」

母『そうだよねぇ。じゃあ普段は食べたいだけ食べちゃう子なのかな?べりーも自分の取り分はちゃんと自分のお皿に確保しておくといいと思うよ^^』

私「はは(乾笑)、そうだね」


ううむ…母は完全に彼を“完璧な男”だと思いたいんだろうな~

まぁそうだよね、大事な娘の婿になるかもしれない人だもんね。

現実はそうでもないよ、人間だもの、欠点くらいたくさんありますよ。

私がなるべく彼の美点しか言わないようにしてるから、完璧な男だと思い込むのもムリはないけど…。



…一応、彼に聞いてみた。


私「さっきママンと電話してて言われたんだけど、エビ食べた日、

あの日って酔ってた?

彼「いや全く」

私「だよね、そうだと思った(爆)」

彼曰く、普段通りのモードだったというだけだった模様。

さすがにしょっちゅう顔を合わせてるだけあって、だいぶ慣れてしまったんだろうね。

彼「もっと気を遣った方が良かった?」

私「いや全然」

本当は気を遣った方が良かったとは思うが、さすがに彼の貴重な休日を邪魔してるのだからこんなことで気疲れさせるのも悪い。

彼「あのエビに関しては、完全に“お前が食え”ってことなのかと思ってて。実家では俺が残飯処理担当だから」

私「お母さんやお姉さんはあまり食べないの?」

彼「うん。だから残ると勿体ないから“お前があと全部食えー”になるの」

なるほどねー、家庭環境が違うとこういうすれ違いが起きてくるのか…。

私「そっかぁ、納得。まぁ私の家族の場合は“残る”ってことがまずないから、大丈夫だよ。むしろ男性陣がめっちゃ食べるから、うっかりすると私やママンの取り分がなくなるという事態になるから、基本、大皿じゃなくて個人個人に小分けしたお皿で出て来るの」

私の家族は食いしん坊が多いと…そういう結論になるなw


とりあえず、あの日彼がエビを半分以上食べてしまった理由を、あとでママンに教えてあげなきゃ。

食べ物の恨みは恐ろしいからw
スポンサーサイト

ママン来訪

三連休でしたね、皆様、いかがお過ごしでしたか?

私はと言いますと…

ママンが2泊3日で来訪w

なんか…あんま三連休という感じがしませんでしたねw

家事や食事はほとんどママンがやってくれたので、私は楽ちょんでしたし、良かったのですが…

やっぱり彼には悪かったかなぁと。

いくら何度か会ってるとはいえ、他人ですし。

ママンがいる間はいちゃいちゃ出来ませんしね。

事実、彼はママンが帰った後、割とすぐにいちゃいちゃしてきましたし…やっぱり我慢してたのかなと^^;


そんな彼の気遣いの成果か、ママンの、彼への評価はうなぎ上り。

以前は、あまり身長が高くないのと細身なのもあって「べりーはジャ○ーズ系が好きだよね」と、高身長なマッチョが好きなママンの評価はあまり高くなかったのですが、

今になって「(彼は)かなりイケメンだと思うけど」「いい子だね」「べりーにはもったいないね」等々…彼への高評価が!

休みの日でも誰よりも早起きして洗濯をしたり、起き出してきたママンに烏龍茶を提供するなどの気遣いが良かった模様です。

さすがに三連休ずっと親がいたのでは気疲れするだろうと、「お金は出すから2人でカラオケでもいってきなさい」とママンが言ったのに対し、「(仕事の)前日は疲れると嫌だから出掛けない」という彼の反応もまた「堅実だね」と高評価。


彼と付き合い始めた当初、写真での彼の外見しか知らなかった母は非常に微妙な反応をしていたけど、まぁ実際こうして身近になってみて、評価に変化が出たのなら、彼が本当にイイ男だと判断されたということで喜んでいいのだろう。

まぁ…もしかしたらなるべく彼の悪口を言わないようにしている私の努力の成果もあるかもしれないが。

しかし同姓の親の評価を上げるって難しいんだろうなー。

彼にとっても、私にとっても。

彼曰く、「うちの親に挨拶しに行ったらまず『本当にこの子でいいんですか?』って確認されると思うよ」とのこと。

…どゆこと??ww

どんな子だと思われてんだよww

まぁ…話を聞く限り、彼は高校くらいまでちょっとやさぐれた感じの子だったみたいだから、そういうのもあるのかな。


全然関係ないんですが…

彼と付き合うずっと以前の話、彼とは付き合えないなって思っていた時期がありました。

何故なら…

彼がヲタクだから(爆)

いや、私もヲタクなんですけど…ジャンルが違うし、私はどちらかというとヲタクであることを隠していたい人なのです。

でも彼はオープンなんです。

そこがちょっと「イタい」と感じてしまって、「この子はないな」って以前は思っていたのです。

しかし、こうして付き合ってしまった。

もちろん、ヲタクな彼を否定はしません。

彼が萌えアニメを見ていても嫌な顔とかはしませんが、一緒に見て盛り上がるということがどーしても出来ず…!!!

彼がアニメを見始めると私は携帯とか弄り出します。

でも本当は一緒に見たい。

でもヲタクになりたくないから見たくない。

難しいですね。

趣味が一致しないなら別れた方がいい。というのは極論だとは思いますが…

少しでも興味が被っているなら、なるべくそこは合わせたいと思います。

結婚について考えてみた

週末、彼と仲の良い後輩夫婦の旦那さんと3人で飲みました。

彼の気まぐれにより、かなり唐突に呼び出したのに、ちゃんと来てくれる辺り素晴らしいw


旦那「で、結婚しないの?」

私&彼『え??』

全然違う話をしていたはずなのに、ナチュラルにこの流れwww

彼「前にも話してたんですけど、べりーさんが○歳になるまでには…と」

旦那「ん?それって結婚するリミット?それとも子ども産むリミット?」

彼「………子ども?かな?」

旦那「え、じゃあ計算上、来年には結婚しないとマズいよ?」

彼「………ですね(゚д゚)」


私「………(゚д゚)」


彼「じゃあ…年内?」

旦那「マジで!?やった!」




まぁ…こんな流れがあったわけですが…

実際、いろいろ彼から話を聞いてみると、なんかムリポ。

式の費用はなんとでもなるけど、結婚した後のことを考えると、2人の貯金が百万貯まらないと不安とか言われたし…

私がせめて正社員で安定収入だったら良かったけど…ね。

今住んでるトコ、東京だし交通の便が良いトコだから割と家賃高いし…

籍だけ先に入れるのは、式がオマケになるみたいで嫌だと言うし…

お金かぁ…

でもお金ってそうそう簡単に貯まるものじゃないから、ムリなんじゃないかな^^;


で、お金を度外視した場合の結婚プランを考えてみた。

弟夫婦の第一子出産が11月…なので、その時期を外して、年明けてボチボチ3月くらいにお互いの両親に挨拶。

結納は…やるか分からないけど、5,6月辺りにやってみて

そして来年末くらいに挙式とか…どうだろうか…

えぇ、年内とかムリですよ、何言ってんすか、全然何もっつーかプロポーズもしてないのにムリに決まってんでしょうが!!!

そうなると…挙式が来年末でも、プロポーズはクリスマス辺りじゃないと間に合わないプラン^^;

うーん…彼はその辺りの具体的なことは考えてくれているんだろうか…

何も考えてないよねぇきっと…。


まぁ彼が、私がなるべく若いうちに子どもが欲しいと考えているなら、そういう忙しいプランになってしまうわけですが、気にしないならゆっくりで構わんのです。

焦らせるのはよくないと思うので、彼が自ら焦り出すまでは放置しようと思いますw


余談ですが、今週末の3連休は母が来訪するかもです。

せっかくの3連休なのに、彼のプライベートな時間がなくなりそうで可哀相ですがw

3連休か…何しようかな…また3人でカラオケでも行くかw

親との関係

職場の人にたまに言われるのが…

なんで同棲してるのを父親だけが知らないのか?

お父さんが可哀相じゃないかと。


たぶん、父が普通の父親だったら言っていたと思う。

何せ、同棲とかにあまり理解のなかった母が、私達の同棲を知っていて、黙認(今や公認?)な状態になっている。

なのに、父には報告していない。

何故か?

それは他でもない、父が、私にとって嫌いな人間だからだ。

肉親が嫌いな人間など、理解されるはずがない。

だから言わない。


私も、以前、後輩にカミングアウトされたことがあった。

“祖母が嫌いだった、だから亡くなった時も全く悲しくなかった”と。

その時、なんて酷いコだと思った。

しかし、そう思ったのは、私自身が祖母を嫌いではなかったし、祖母が亡くなった時、そして今でも、本当に悲しかったから、に他ならない。

自分の環境に当てはめて相手の心中を決めつけてはいけないのだ。

私はそう思いました。

何しろ、肉親、近親に想う気持ちは人それぞれの事情があるものだと。


しかし、父親を嫌いな人などほとんどいない。

嫌っているとしても、年頃の娘が「お父さん臭いから嫌だ~」とかその程度だと思っている。

私の場合はそんな生易しいものではない。

幼い頃から、父親が帰宅すれば夕食の席はお葬式。

仏頂面の父に気を遣ってみんなだんまり。

シーンとした家族団欒の席を、誰が楽しいと思うだろうか。

子ども達がテニスをやるようになってから、母は子ども達のやるテニスに夢中になったが、父は「テニスの話をされても分からない」と言って団欒の席でテニスの話題を嫌った。

母が父に幻滅し、ストレスで病院に行くようになって、気晴らしに私と上の弟と共にTDSへ遊びに行った。

母が外出することや遊びに行くことは父に許されていなかったが、もう限界だったのだと言う。

母曰く、本当にあれは楽しかったと。

そして満喫してきた後、帰宅した家の明かりは全て消されていた。

私はその場面に直面してはいないが、後日聞いた話によると、父は母に怒鳴り散らしたらしい

「男と遊びに行っていたのか!」と。

それも、一緒にTDSに行った上の弟の目の前で。

責任を感じたのか、弟は何も言えなかったらしい。

確かに男だが…実の息子だぞ…。

まぁそれはともあれ、

母が家を飛び出したのはそれからすぐのこと。

父の顔を見るのも苦痛だと言って精神科に通い、もう限界だったのだ。


そんな家庭環境だったから、父を信用していない、彼氏が出来たのも言いたくない

上の弟は、今の嫁さんの前に付き合っていた彼女との結婚話を、父との口論によって破談になっている。

もちろん、それは父のせいだけとは言い切れないとは思う…。

しかし、破談した原因のひとつではないとも言いきれないと思う。

そんなヘンな父だからこそ、言いたくない。

結婚が決まるまで言いたくない。

しかし周りは笑う

「そういうのって同棲する前に済ませておくものじゃないんですか~?」と。

そうかもしれない

しかし私は結婚する前に父に報告するつもりはない

それは今までの累積された諸々の感情によるものだ。

うちは普通ではない…

分かっている…

弟夫婦の出産ももうすぐだし、そっちが落ち着いてからでいいと思っている。

はぁ…

面倒臭…。

好きな芸能人?

こんにちは(*´∀`*)ノ

ただいま彼は自室で、今度ライブでやるらしい音源の作成を頑張っているので、私はひとり自室で音楽番組を観ております。

2人ともおうちにいるのに別々に過ごしているのはなかなか珍しい事です。

まぁ、年数を重ねるごとにこういう機会が増えていくんだろうね。

プライベートな時間を求めていた私にとっては願ったり叶ったりですが、これが続き過ぎて“ただの同居人”にならないように注意したいですね。


さて、今日はふと「好きな芸能人は?」と聞かれた時の答えを、更新しようかと思って考えてみました。

今日はたまたまTVを見ていますが、普段あまりドラマなどを見ない身としては、事前に答えを用意しておかないと答えに詰まるからです(笑)

今までは「保阪尚希」と答えていました。

昔、たまたま見たドラマの役がハマッててカッコ良かったからです。

悪人なんだけど、悪になりきれてない、実は優しい、みたいなクールガイな感じが本当に良かったんです。

が、そろそろオッサン趣味と言われてもおかしくないなと思ったので(笑)、ちょうど彼氏も若いことですし、もうちょっと若い人にしましょう。

KAT-TUNの上田竜也くんです!!!

え、そんなに若くない?

いいんですよ、昔のライブ映像で「Real Face」歌ってるのがめっちゃカッコ良かったんだから!

亀梨くんも好きですが、正統派過ぎるかなと。

正統派は外しておきたい天邪鬼←

嵐だと櫻井翔くんがいいですね。

頭の良いところや、腹黒だけど笑顔でさらっと流すところとか素晴らしい(笑)

金爆のキリショーとかも好きです。

よし、このくらい用意しておけば返答に困らないぞー!!!


でも…

このテの話題って合コンとか飲み会のネタですよね?

彼氏も出来た今、いつ使うことがあるのだろうか…(爆)

ママン宿泊

母が2泊3日のお泊まりをしていきました。

ちょうど今日の夜帰りましたが。

同棲を始めてからというもの、誰かを泊めたりするのはなかったので…

母が第一号ですね(笑)

彼は、内心どう思っていたかは知りませんが、おそらく大変だったと思います。

部屋が一気に片付いたのと、食費やら一部の光熱費やらが浮いたのはかなりお得なことだとは思いますが、

たぶん大変だったと思います(笑)

私は自分の母親だから全然問題なかったですけどね。

でも、職場の人に母が泊まりに来て片付けやらしてることを言ったら

「ありえない!」

と驚愕されてしまいました(笑)

確かに、同棲中の娘の家に来たり片付けとか…いろんな見られたくないものとか出てきたらどうするんじゃーってことですよね。

いや大丈夫、ウチにはそんなにいかがわしいものはない(爆)

ゴム?

あまりヤらんのに必要あるのか?←

それに、私の部屋と彼の部屋は一応別れているので、母が彼の私物をいじったりすることはなかったので。

まぁ、びっくりしていた職場の同僚とかは、若い男女の同棲といえば、六畳一間!みたいなイメージがあったみたいなので、まぁ…そうですね、一部屋しかなかったら親が来て片付けやるとかありえないですよね。

彼の私物とか、もしかしたらエロ本とか出て来ちゃうかもしれないのに!←彼はあまりエロ本持ってないが


彼の外見はママンの好みに沿ってはいなかったようですが、良い人だということは認識したようで、特に反対することも悪口を言うこともなく、「彼を何て呼んだらいいんだ」と悩んでおりました(笑)

たぶん名前に“さん”付けして呼ぶことになるかと思います。

また次は3連休の時に来るみたいなので、その時にでも呼び方は確認しようかと思います(笑)
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最近の記事+コメント
プロフィール

ぴゅあ・べりー

Author:ぴゅあ・べりー
一定の時期より前の記事は非表示になっているため、内容分かりづらくてすみません。

センパイに襲われたあの日から、関係を続け…。センパイの好きな人は結婚しちゃったし、私しかいないはずなのにどうして付き合ってくれないの??
「君のことは好きだけど、まだ足りないから心底好きになったら告げる」という言葉を信じ、いつか恋人になれるんじゃないかとwktkするブログでしたが、5年半の時を経て愛情も冷め切り(笑)
何とかセンパイを拒否ることに成功。
ついに新しい彼が出来ました☆
そして結婚\(^o^)/

今まで応援ありがとうございました☆

リンク
ブログ検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。