スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷静に

前にコメントくれた方とは何とか連絡とれそう!

良かった!

気付くの遅くて本当に申し訳なかった!


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆



先日のセンパイとのやり取りを冷静になって考えてみた。

センパイが最後少し不機嫌になったのは、たぶん私が、“私達の関係はセフレにしか見えない”って言ったことが原因だと思う。

後で気付いた(笑)

昔からそうなんだよねぇ、付き合ってくれないくせに、こんなんセフレだ!って言うと怒る。

センパイなりに考えはあるのだろうけど、私にとってはそんなん知ったことではない。

恋人であるか、否か

その区切りは私にとってはとてつもなく大きいものなのだ。

結婚と違って証明するものは何もないのにね(笑)

付き合っていたって、二股かける人もいるし、まぁそれはどうなの?とは思う。

センパイは逆に、付き合っていなくても二股は絶対にかけない、そういった意味では一途だ。

むしろ、センパイにとって、“付き合う”というのは結婚するのとほぼ同意義らしく、敷居がとてつもなく高い。

そんな変人に、振り向いてもらう必要などないのだが(笑)、振り向かせられなかったのは正直悔しい。

つらつらと書いてみたが、たまに自分がおかしいのかな?と思うこともなくはない。

世の中には、体の関係から始まる愛もある。

それは充分承知しているのだが、やはり心が先に欲しい。

子供っぽいと言われてもいい

それを望むことは高望みなのだろうか。
スポンサーサイト

センパイからの連絡

仕事上がり、携帯を開くとセンパイから「泊めて」とのLINEが…。

意外でした。

こんなに早く、センパイに意見を言える機会が来るなんて(笑)

ご飯奢るとも書いてあったけど、とりあえず、私にはセンパイに物申したいことがあるっ!!!

というわけで、私を都合のいい女にするな、とか、ちゃんと付き合うなら考えるけどそうでないならお断り、とか言ってみました。

私、ちゃんとヒントは書いたよ?

「付き合うなら考える」って言ってるんだもん、多少なりとも気持ちがあるなら付き合うって言うでしょ、フツー。



でも



センパイからの返事はこうだった。



「そこを何とか」



( ゚Д゚)ハァ?



ドキドキする気持ちを抑えていたのが吹き飛び、嫌な予感だけが私を支配していた。

そこを何とか…ってことは、付き合いたくないけど、泊まらせてほしい、どーしても。ってことだよね…??

あ、でももしかしたら夕飯一緒に食べる時に付き合うって言ってくれたりするのかな?

昔の私だったらここでこう思って、夕飯に一緒に行っちゃうところだったんだけど、

今の私はもう、「センパイに嫌われたくない私」じゃない、「結婚相手を真面目に探してる女」なんだから。

駆け引きをふっかけても、センパイの引きがあまりに早いので、ついつい追い掛けてしまうのは私の悪いところ。

センパイが怒ってしまってもいい。

駆け引きを続行。

「私をなんだと思ってんですか?ホテルとセフレが欲しいだけなら私にもう関わらないで下さい」

かなり厳しいこと言ったつもり。

だってそうじゃない?

これに対してセンパイは「そういうわけではないんだけどね」と昔を同じようなことを言った。

ここが私の理解できないところ。

付き合ってないっていうのは私の中ではセフレと同じような感覚なんですよ。

でも、セフレなのか、って言うと「違う」ってセンパイは言うんです。

意味が分からない!!

身体だけじゃないって言うのでしょう、言いたいことは分かるけど、理解したくない。


外気の冷たさのせいか、目元が少し濡れたように冷たかった。

泣いてるわけじゃなかったけど、最近涙腺緩いのは確か。


返信が来ている間は少しは期待できるかもしれない。

ここで攻撃の手は休めない…そう誓ってさらに追撃ちをかけた。

「他に何か理由がありますか?私から見たら、というかハタから見てもそうとしか見えないと思いますが」

いくらセンパイが私たちの関係はセフレじゃないって言っても…じゃあ「恋人がいますか?」って聞かれたら「いません」って言うしかないし。

例えばいくら「私たちは愛し合ってます」って言っても、片方が妻子持ちじゃあただの不倫だし。

センパイに現実を突き付けたつもりだった。

お願いだから、ここで食い下がって。

そうでないなら私は…!


センパイから返信が来た。




「他あたりますよ。」




見た瞬間、しばらく動けなかった。

そこまでして付き合いたくない…?

それほどまでにあのMさんへの気持ちが大事なのか…!

※センパイの想い人Mさんはもう結婚なさってます。


その一途さは見事だけど、もう私は悔しいやら悲しいやらで。

きっとセンパイは私のこういう、面倒臭いところは好きではないだろう。

でも、そうさせてんのは誰だよ!!って言いたい。

LINEで攻撃しつつも、もしかしたら泊まりに来るかな、って思って、行くはずだったジムをやめて、重い思いをして満員電車に乗って出社したのに意味のなくなった重い荷物(ジム用品)を抱えたまま速攻で帰宅して。

本当、本当に悔しい。

センパイと離れてからだいぶ経っているし、またアプローチが激しくなったのは、何か心境の変化があったからだと、信じたかった。

センパイが昔よりは成長しているのを…願っていた。

なのに…。

そりゃー涙腺も緩むわ。



「そうして下さい」って打ちかけたのをやめて、「本当に私への気持ちはなかったんですね。残念です、さようなら」と書いて送信した。

ま…返信は来ないでしょう。

センパイのことだから「やっぱ他にアテがなかったから泊めて」とか言ってくる可能性もあるから油断できないけど(爆)


とりあえず、これでセンパイから解放されてやっほーい!!になるはずなのに…何故か気分があがらない…。

センパイのこと、好きだったのかなぁ?

それとも、これで結婚出来る!って思っていたのが全て粉砕されて呆然としているのかな?

よく分からない。

もう心がぐっちゃぐっちゃで。

ひとつ言えるのは、

私の恋愛は、また振り出しに戻りましたとさorz

センパイとのその後

遅ればせながら…

☆あけましておめでとうございます☆

また放置が多くなるとは思いますが、見守って下さっている方々、今年もよろしくお願いします♪


さて、ライブ本番はどうだったのか、センパイとはその後どうなったのかを書いていなかったので。

ライブは大成功でした。

センパイもご満悦で、「我々が間違いなく優勝だった」と豪語しておりました。


新年明けてしばらくして、バンドの打ち上げがありました。

センパイ、相当楽しかったみたいで、飲み代として何と、諭吉さんを出していました…!!!

タカリ癖のあるセンパイが、どうしちゃったの~~??(笑)


あと、私にとってイミフだったのが、あれほど人前でいちゃつくのを嫌がっていたセンパイが、

何故かこの日は、テーブル下で私の脚に足を絡めてきたのです。

いやいやいや…他の人から見えたらどうすんねん!

拒絶すれば良かったのでしょうが、私もどうして良いか分からず…。


帰り際、センパイは私を呼び止めて言いました。

「泊めてくれない?」

やっぱりそういうことか!

「嫌ですよ」

私はもちろんこう返しましたが、残念なことに、私にはもうセンパイを完全に拒絶するだけの気力がありませんでした。

ただでさえ何年も独り身な上に、婚活で全く妥協できる人に出会えなかったからです。

むしろ、婚活サイトのあまりのレベルの低さに、「これだったら周りの男性の方がマシ」と思ったほど。

そんな趣味に合わない男性とばかりデェトをしていたせいか、センパイを拒絶出来なくなってしまったのは本当に残念としか言いようがありませんでした。

センパイが第二の家にしているA先輩も、その日は彼女のTRちゃんとスキー旅行だったみたいで、家に居なかったようです。

「嫌だ」と言う私の言葉が本気ではないと感じたのでしょうか

センパイはさっさと私の家の方角の電車に乗り込んでしまいました。

缶酎ハイを奢ってくれたし、以前に貸したお金も返してくれたし、

そういえばセンパイは以前に比べてオシャレになった。

稼ぎが良くなったからというのもあるだろうけど、何がそこまでセンパイを変えたのだろう?

服もお財布もバッグも素敵、香水なんかしちゃって…。

ここ数年の間に女でも作っていたのかしら?

まぁそれは今度聞いてみよう。

ひとまずは…今の問題は…


私「布団2枚敷きますから」

センパイ「いいよ、一緒に寝ようよ」

昔は「狭い」とか言ってあんだけ一緒に寝るのを嫌がっていたのに…全く。

夜中だったけど、気まずいのでお風呂に入って、恐る恐る部屋に戻ると、センパイは案の定、まだ起きている。

背を向けたまま布団に入るとセンパイに引き寄せられた。

「嫌だ…!」

こんな状態で拒んだところで意味はないのは分かってる。

…分かってる。

吸い尽くしてしまいそうな激しいキス。

情熱的に絡まれる掌。

…こんなの知らない。

センパイは以前より情熱的に、激しく私を抱いた。


抱いた後も、センパイは優しかった。

その優しさがとてもつらかった、

何故なら、その瞬間から、センパイのことしか考えられなくなったからだ。

婚活サイトは退会の手続きをした。

まだデェトの約束は残っていたけど、それはとりあえず会うことにした。

まぁ何しろ、また私はセンパイに翻弄されることになった。

センパイが私を好きかどうかも分からないのに。


でも、少しだけ、希望を持ってしまった。

それは、私と同級生の女の子(センパイにとっては後輩)が、彼氏と10年以上も付き合っているのに、しかも同棲しているのにまだ結婚してないという話で

センパイ「ふーん、結婚しないのかね、あのふたり。すればいいのに」

という発言をしたこと。

それならセンパイは結婚は考えているの?

…私にはセンパイが何を考えているかまでは分からない。

ひとまず、私の心を支配しているのが、センパイを想う気持ちなのか、人恋しいだけなのかが全く分からず、困っております。

父親には、結婚するか、実家に帰ってくるかどっちかにしろと迫られているし、本当に困った状態。

センパイから次にアプローチがきたら、とりあえず考えを聞き出してやろうと思っております。

スタジオ練習

こんばんは。

放置しまくりですみません。

それでもここを読んで下さる方は神様です。


えー…センパイとのその後ですが…

前回、きっとバンドの話は流れるだろうと、書きました。

結論から言います。

流れていませんでした!!!(爆)

ある日、唐突にメールがきたのです。

スタジオ練習の日程が書かれたメールが!唐突に!

思わず聞き返しました、「何の話ですか?」と。

しれっとバンドの話だよ、と言うセンパイ。

軽く文句言いました、あれから全く連絡よこさんでなんだそれはと。


まぁそんなこんなで、センパイのバンドのヘルプでボーカルやることになりまして、スラジオ練習に入ったりしていたのですが…

最初の練習で、センパイからいきなりダメ出し。

「もっとなめらかに歌って」「途切れるのが気になってこっちが間違えそうになる」

熱心な口説き文句で、渋々OKしたオファーなのに、この仕打ち。

さすがセンパイです(爆)

しかも、内容が漠然としすぎてて全く伝わらない。

2回目のスタジオで、センパイに文句言われないように、頑張って息継ぎを減らして声を張り上げて歌った結果…

喉を傷めました…。

それでも文句言われましたけどね(笑)

センパイが何を私に直してほしいのかが全く分からなかったんですよ。

で、間違った方向に頑張った結果が喉を傷めるという…残念な結果に。

私は悟りました。

このままでは喉を完全に潰してしまうと。

一生歌えないことになる…。

そこで、毎週のように入っているセンパイのスタジオ練習を、一回お休みしました。

歌は歌わず、ひたすら音源を聴き、腹筋を鍛えて…。

音源を聴きながら、私は思いました。

音源の通りに歌っているつもりだったけど、実は私が思っているよりこの曲はもっとなめらかな歌い方をしているのかもしれない、と。

そう思って聴いてみたら、そんな気がしてきました。

歌えない分、シュミレーションしました。

そしてついに、3回目のスタジオが…。

精一杯歌いました。

以前よりも声が出ました。

なめらかに歌えました。

まだまだ未完成ではあったけれど。


センハイの反応は予想以上でした。

練習の最中に、「やばい、楽しい!」とテンション上がった様子で嬉しそうにギターを弾いていたのでした。

案の定、「良くなった」と練習の後でホメられました。

私はセンパイの無邪気に嬉しがる様子に、やっぱりヨリを戻してもいいかもしれない…

と思ったほどでした。

しかし、思いがけず、私は現実を突きつけられることに。

練習の最中に、センパイの想い人、Mさんがスタジオに来訪。

センパイに用のあったA先輩の付添いで来ただけだった模様ですが…

もう、センパイはMさんに構いっきり。

私、もちろん面白くない!

これだけ私にアプローチをしておきながら、やっぱりMさんが一番なのか!!と。

むかつくにも程がある!!

私のことを一番好きになってくれない限り、ヨリなんか戻してやらん!!と誓ったのでありました。


ま、ともあれバンドはバンドで頑張ります。

実力向上にために、と友達からの借り物であるICレコーダーでスタジオ練習を録音していたのですが、音割れが酷く、とても聴けたものではないので、ついに爆音にも耐えられるハンディレコーダーを買ってしまいました。

次回はそれを使って録音しようと思います。

知らなかったけど、録音して、反省しながらの練習って大事なんだな~とつくづく。

センパイと久々デェト?

先週の火曜日、何年振りだろ…センパイと2人で会いました。

センパイにオファーされた曲のカラオケ披露をするためです。

仕事上がりだったので、まずディナー。

完全にデェトだなこりゃ^^;

センパイの近況を聞きました。

まだフリーターやってんのかと思いきや、よく分からないんですが、今までの仕事を、独立して仕事を請け負っているとかなんとか。

センパイなりに、いつまでもこのままだと稼ぎが良くないと思ったらしく、会社と交渉したようなんですよね。

派遣業を自分で起こしてやってる感じ…?

イマイチよく分からないんですが、以前よりは稼ぎも良くなったようです。

税金の関係で、そろそろ法人にしないといけないんだけど、面倒臭いんだよね、なんてことも言ってました。


そ、それはまさか…結婚を意識している…!?


なんてね★

センパイは先のことなんかあんま考えてないんだから、きっと期待したってムダムダ。


ディナーは奢ってくれました。

センパイに奢られるのは何だか不思議な感じ。

どんだけタカられていたんだ私(笑)


カラオケ行きましたが、何とも…

センパイの口うるさい感じが…もーね。

「違う、そこはそうじゃない。こうだ」

とか…ああ、センパイって、すごい口うるさかったっけなーと懐かしくなりつつ。

原曲が好きなのは分かるけど…イマイチ原曲とドコが違うのか分からない…

聞きこまないと分からんよ…。

センパイはカラオケにあまり来ないらしいですが、歌ってもマイナーな曲ばっかり歌うので全然分からない。

正直…しんどいカラオケでした(笑)


センパイは、以前の関係を取り戻したいのか、軽めのセクハラをしたり、セクハラ発言をしたり…

まぁ要するにセクハラでした(笑)

私は至ってフツーに対応し、駅の改札前まで行って、フツーにサヨナラと別れました。

センパイ、すごい名残惜しそうだったな…出来ることならそのまま車まで連れて行って送り狼になりたかったことだろうなぁと思いながら。

「また連絡します」とは言っていたけど、さてさてどうなることやら。


13日は婚活サイトで出会った人と2回目のデェト。

外見も性格も、至ってフツー。

全くトキメキのない人でありますが…とりあえずやり取りが続いているので。

1回目の時よりは話も弾んだけど…やっぱり歩く時とか、少し距離を置いてしまう。

紳士な人ではあるけれど、もし理性が飛んで肩を抱かれたりキスを迫られたりしたらきっと私はゾッとしてしまうだろう。

…ということを再認識。

何がいけないのだろう?

イケメンでないから?

それもあるかもしれないけど、たぶん好きになれないタイプなのだろう。

悪い人ではないだけに残念。

2次会まで行ったし、別れ際に握手をされるなど、あちらには大変気に入ってもらった様子。

来週にでもとデェトに誘われたけど、先約があったし、この流れはマズいなと思ったので、9月くらいまでデェトは先延ばしにしてもらった。


たったひとり、好きな人を見付ければいいだけなのに、それがなんでこんなにも難しいのだろう。

妥協は必要だと分かってはいるけど…うーん、やはり難しい。

目的はやっぱり…?

前の記事で、センパイにバンドのお誘いを受けたと書きましたが…

やっぱり面倒臭いことになりそうですし、曲も難しいのでお断りのメールしたんですよね。

そしたら

「最高の曲と最高のメンツでライブに臨む、これこそ至高である…(中略)…今考え得る最高の歌い手は過去の実績からあなた以外にいないのですよ」

という口説きメール(違う意味でw)がきましてですね…普段滅多に人を誉めない…というか馬鹿にされたことしかない(笑)のに、ここまで言われてしまうと私も再考せざるを得ないわけで…。

仕方なく、承諾メールを送るついでに「うちに招いたり、お泊めすることは出来ませんのでそこはご了承下さい」という内容を書き添えました。

ここはやっぱりケジメつけとかないとね!

そしたら、送信してから1日経ったけど返信来ないwww

なんかもう…笑っちゃいますよね。

やっぱりそういう目的だったのか~って思って。

もちろんバンドの話は嘘じゃないんだろう。

でも、きっと半分は“前のように戻りたい”って気持ち、あったと思う。

面倒臭いな。

とりあえず、返信は来ないけど2,3週間後に曲覚えてカラオケ披露しないといけないみたいだから練習はするけど。

出来ることならこの話が白紙に戻りますように。

着信アリ・続き

さっき書いた記事の続きです。

2回目の着信があったので、さすがに鬱陶しくて、メールしました。

電話に出られないけど、どうかしましたかと。

お泊めするのはムリですよと。

そしたら、

お金を返しがてら、松屋でも奢ってあげようと思っていたのに

とのこと。

お金??

あ、そういや以前は金欠気味のセンパイにちょいちょい貸してはいたけど、定期的に返してくれてたし、もう全部清算済みだと思っていたわ。

まだ貸していたっけ…?だとしたら引っ越す直前辺りかなぁ…覚えてないや…。

それにしても、女性に奢る食事が松屋って何だ(笑)

まぁ別に私だから構いませんが、運悪く私はすでに夕飯済ませた後でした。

それに、どうやら今日はちょっと遠出の仕事だったのか、やはり泊まる場所を探していたようです。

A先輩の家はダメだったのかと尋ねると、絶対無理、と言われたそうです。

明日は土曜日だから…多分彼女のTRちゃんとデェトの約束でも入っているんだろうな…。

そらぁムリだわ…。

私も絶対無理と言っておきました(笑)

残念そうではありましたが、無事引き下がってくれたようです。

ああ…良かった。

返金はまたの機会にと言いはしましたが、それをネタにまた泊まろうとするのかな、と思ったら

返してくれなくてもいいな、と思いました。

数千円のお金のために、また不毛になるの嫌ですもん。

いや、もちろんお金に困ってはいますけどね…私は(笑)


明日はバイト面接です。

大手チェーン店ですが、ネットを見ると、過去に残業代未払いで何度も起訴されているすごい会社でした(笑)

やばそうだな…

気付いたのが応募した後だったんですよね…。

受かったら初の接客業。

今までPC入力業務とかばっかだったから。


会社の評判はともかく、好きなお店なんですよ。結構。

それが、偶然にも今日から新しくうちの近くに店舗がオープンで!

嬉しかったんです、それで思わず申し込んだんですよね。

しかし履歴書いらないと言うし、集団面接だと言うし…

ちょっとどんな感じか分からなくて緊張です。

頑張ってきます。
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
無料カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最近の記事+コメント
プロフィール

ぴゅあ・べりー

Author:ぴゅあ・べりー
一定の時期より前の記事は非表示になっているため、内容分かりづらくてすみません。

センパイに襲われたあの日から、関係を続け…。センパイの好きな人は結婚しちゃったし、私しかいないはずなのにどうして付き合ってくれないの??
「君のことは好きだけど、まだ足りないから心底好きになったら告げる」という言葉を信じ、いつか恋人になれるんじゃないかとwktkするブログでしたが、5年半の時を経て愛情も冷め切り(笑)
何とかセンパイを拒否ることに成功。
ついに新しい彼が出来ました☆
そして結婚\(^o^)/

今まで応援ありがとうございました☆

リンク
ブログ検索
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。